sisouron

都市を多面的に観察したい

それでもわたしは運命を生きる

 それは第一志望の芸術系の大学に進学した友人が「入学前に期待していたよりも周りの人が普通で残念だった」と話していたことがはじまりだった。これは自分も経験のあることだが、新たな環境に対して強い期待をしてしまいがちである。たとえば芸術系なら自分には届かないすごい天才がいて刺激を受けるとか、面白い変わった人間がいる……とかだろうか。しかし友人によれば現実は孤立した天才の集まりというよりは優等生的で協調性のある集団行動のできる”普通の人間”の集まりだったというのである。

 

 漫画やアニメでは運命的な仲間と出会い「この人とならどこへでも行けそうだなあ」という気持ちを抱きながら色々な苦労がありながらも乗り越えて成長していくストーリーが多く描かれる気がする。そういった運命的な出会いやストーリーに憧れて新たな環境に身を投じるも「あれ、こんなんじゃなかったのにな」ってなった経験がある人もいるのではないだろうか。

 

 環境というのは自分の成長に関わることだと思う。自分がビリで周りとの差が果てしなければそれはそれでしんどくなってしまうが、自分が真ん中くらいで上には上がいるんだけど頑張って努力すればなんとか上位と競り合えそうだといった環境がすごく心地よくて自分の成長にもつながるような気がする。いわゆる切磋琢磨という状態である。

 

 「期待は相手にすべきではない、自分にすることだ」という言葉があるが、ここで私は相手への期待を諦めきれていない自分に気づく。相手や環境は自分で手を下せる範囲の外であって期待は裏切られることも多い。それでも私はいつ訪れるか、訪れるかすらも分からない、自分の手を下す事の出来ない運命的な出会いやストーリーに期待してしまう。そして時に現実との乖離を感じ勝手に傷つくこともある。

 

 痛みから解放されるには運命的な出会いやストーリーといった自分の手の範囲外のいわゆる外的要因を諦めることしかない。自ら物語の主人公を諦めて”普通”の人間として生きることで楽になれるのかもしれない。それでも今の私は相手に期待したら傷つくこともあると分かっていながら結局諦めきれない。それはきっと運命的な出会いが期待に反したことへの痛みよりもはるかに魅力的なものであると期待しているからである。

 

 運命的な出会いの擬態語としてビリビリは正しいのだろうか。なにが運命的な出会いかすら分からないが(もしかしたら後になって気づくものかもしれない)ビビッと身体全体に電気が走るような感覚になったことはある。自分と友人の共同制作がだんだん形になっていく時だとか、友人と話をしていて共感し合えた時もビリビリを感じる。

 

 よくよく考えれば今こうやって仲良くしている人たちも縁が無ければ街中で会ったとしても無言ですれ違って話をすることもなかったのだから、こうやって話をしているだけでも運命的な出会いだし特別だ。ここまで書いておいて一体なにが特別でなにが運命なのか分からなくなってしまったけれど、まだ私は自分の人生に期待をしているし運命的な出会いがあることを期待している。

 

今だからこそ社会学が必要だ

 最近Twitter上で社会学に対しての風当たりが強いのを感じて、居ても立ってもいられなくなってしまったのでそれに対しての私の気持ちを書こうと思います。

 またわたしの専門は社会学ではなく大学院の入試で勉強をしてその後社会学を好きになった人間なので、専門とされている方々にとっては稚拙な内容となってしまうおそれがあるということを先に許していただけたらと思います。

 

 もともと社会学とは社会で起こっている出来事に対して理論をあてはめたり、調査をすることによって社会で起こっている出来事を分析・理解することであると考えています。その行為自体が楽しく社会学はそれだけで価値があると思うのですがこれだけだと流石に足りないと思うのでもうすこし最近感じていることを踏まえながら述べていきたいと思います。

 

 新潮12月号で社会学者である岸政彦さんも記されていたことですが、最近他者の行動に対する結果に対して「自業自得だ」としてしまう自己責任論が強くなっているように感じます。フリージャーナリストの方に対して「政府や国民に迷惑をかけた」という人もいるし、いじめを苦に自殺をしてしまった学生に対して「死んだら負け」という人もいるのです。

 西日本新聞で学者の中島岳志さんは「私たちは過度の競争社会の中、他者を助けることの「余裕」を失い、「寛容」を喪失してきた。その結果、「迷惑」に過敏になり、「自己責任」というバッシングが横行するようになった。」としています。

www.nishinippon.co.jp

 

 社会学が必要な理由はここにあると私は思います。私たちが余裕を失い自己責任が強まっているのは標的に対しての無理解から生じるのです。

 岸政彦さんは「他者の合理性の理解社会学」というテーマで「一見不合理に見える行為が、当事者にとってどのような「意味」があるかということを考えてい」ます。

 

www.ohtabooks.com

 

 先程のように一見不合理に見える行為はわれわれの余裕が無い時に標的になり得るのです。「こんなことをしたのだから、こうなってしまっても当然だ」という感情です。それは私たちの目線で”こんなこと”を見ているからであって、当事者にとっての”こんなこと”には意味があるのではないでしょうか。社会学には社会がより相手のことを理解する余裕と相手を認めることのできる寛容さを取り戻す力があると私は思います。

 

 リンカーンは「直接会って話すのが、お互いの悪感情を一掃する最良の方法である。

」と言いました。好きではない、気に入らない、理解できない相手に対してこそもっとその相手を知らないといけないのです。心理学的に私たちは「根本的な帰属の誤り」に陥りやすいとされています。その人の周りの状況を見落としてしまいがちでその人の行動の理由を個人の内面に求めてしまいがちなのです。

 そのような我々が陥りやすい「根本的な帰属の誤り」に陥らないためにはどうすればよいのでしょうか。自分が相手の状況に置かれた場合を考えたり、また他者の行動の原因を内的なものに求めるのではなく、より他者のことを多く知ろうと意識的に努力することであるとされています。社会学が批判される今だからこそ社会学のことをもっと知る必要があるのだと私は思うのです。

 

 最後にTwitterで一部の社会学者の発言が問題的であり炎上している現状は確かに認めることができます。しかしそこから主語がその特定の社会学者から広範な社会学という学問全体にすり替わっていることに辛さを感じます。特定の社会学者の発言→「また社会学者か」→社会学批判という流れをタイムラインで見てはすごく嫌な気持ちになるのです。主語の大きな発言は対象をひとつにひっくるめた一般化であり、個々のケースを排除した暴力であると私は思います。より社会にもう一歩深く考える余裕が生まれ、寛容さがもたらされることを願ってやみません。

 

 参考文献

岸 政彦 (著), 石岡 丈昇 (著), 丸山 里美 (著) 『質的社会調査の方法 -- 他者の合理性の理解社会学 (有斐閣ストゥディア)』

Richard H. Smith (原著),澤田 匡人 (翻訳) 『シャーデンフロイデ: 人の不幸を喜ぶ私たちの闇』

西日本新聞(2018年12月1日)『安田純平さん解放と自己責任論 「余裕」失い 「寛容」を喪失 「迷惑」に過敏 バッシングへ 進むのは保守の空洞化』https://www.nishinippon.co.jp/feature/press_comment/article/469758/(2018年12月1日閲覧)

【インタビュー】社会学の目的 http://www.ohtabooks.com/at-plus/entry/12443/(2018年12月1日閲覧)

 

台風明けの日

 数十年に一度という規模の台風が一晩中家の窓ガラスを叩きつける中で息を潜めた昨晩。朝になって台風が過ぎ去ったのを知り外に出る。

 台風明けの日は昨晩の嵐がまるで夢だったかのような晴天で10月とは思えない猛暑であった。しかし空を見上げると肉眼を通してでも雲の流れの早さは明らかであり、それは台風の余韻を感じさせた。

 わたしは先日の台風である一つのことを発見した。台風明けの朝は街の空気が、においが変わるということである。

 港町の駅のホームのにおいが都心の張りつめたにおいよりもずっと穏やかで多様性と濃厚さを含んでいるように。台風明けの朝はいつもとは違う街のにおいがするのである。

 台風はきっと遠く、わたしの知らない街の空気を運んでくるのだろう。そしてそのことはわたしたちが今まで呼吸をしていたことを思い出させる。

 わたしが思いきり呼吸をすると、わたしの胸の中にわたしの知らない街の空気が取り込まれる。そしてまたわたしは当たり前のように呼吸を忘れるのである。

怠惰と罪悪感のための時間マネジメント

 基本的な性質が怠惰なので特に予定が無いと家で寝っ転がってるか本を読んでるかという生活をしているのでこのままではいかんぞ……と思ってこの一週間は出来るだけ外に出るようにしていた。おかげさまで充実した一週間を過ごすことができ、睡眠時間を確保することが出来れば体調も大きく崩さずに済むのねと自信も持てたのでした。

 

 自分は怠惰な一方で時間がもったいないという気持ちも持ち合わせているので一日寝潰した後に夜になって「あー、今日も寝てるだけだったなあ」と反省して一日が終わる~みたいなことも結構多い。で、ずっとそんなのも嫌なので会う友人みんなに暇なとき何をするべきか聞いている。そうすると大体の人が「バイトして金稼いで旅行するといいよ」と。やっぱり就職すると自分の職場以外で働くことはないだろうし、長い休みを取って旅行するのも難しくなるのだろう。旅行したいし喫茶店のバイトするのもいい。一方で「暇な時間?そんなのないよ」という人も多くてどうしたらそんな活動的になれるの?と聞くことがある。

 

 大体毎日忙しい人たちには2種類あって「用事が毎日あるのでやむなく」タイプと「暇というのが怖いからとにかく動いている」タイプの人がいることが分かってきた。だいたい理系の学生とかサークルをやってる人は前者のようになる。現に自分も教職を取っていたときは週5~6講義が朝から夜まで入っていてサークルもやっていたので当時は意識していなかったがそこそこ忙しかったはずである。

 

 一方でアクティブな人の中には後のタイプの人も多く感じる。「暇な時間を送っていると罪悪感がある」とか「暇だと不安になる」という強迫観念みたいなものだろうか。自分も暇な時間をぼーっと過ごしていると「無駄な時間を過ごしてしまった」と感じて辛くなってしまう(それでもだらだらしてるんだけど)。この感情がもっと強く働いたら強迫観念で行動が制御されてしまうのだろうか。そうしたらきっと周りの人からはアクティブな人だなー!と尊敬されるのだろうが、他者から受ける羨望のイメージと本来の自分にギャップが生じてしんどくなってしまいそうだ。

 

 そんなこんなでなんだかんだ自分は自分のできる範囲で頑張るべきであって、他の人に迷惑をかけない範囲でできる限り楽しく自由に気楽に生きるのがいいのだろうと思う。まずは目の前にある案件片付けます…、頑張ります…。進捗生まなきゃね。

 

デジタル・ネイティブの僕たちは孤独に夢を見るか?

 孤独死、引きこもり、社会問題として現代表出されたとされる現象がある。

一方で「おひとりさま」「一人カフェ」など、「孤独のグルメ」などを代表されるような一人をターゲットとした商品が都市に生まれているのも事実だ。

 

 私は郊外出身だが、都市と田舎での生活というのはかなり違うものだとよく耳にする。都市は孤独だが自由で、田舎は人付き合いがある(それが時に共助となったり鎖にもなり得る)というのは上京した友人からよく聞く言葉である。ここで分かるのが孤独にも人付き合いにもプラスとマイナスの要素があるということだ。

 

 ここまでとりあえず私の考えた孤独について触れたが、タイトルにはデジタル・ネイティブと示した。現在SNSの発達によって孤独が変容したとする社会学者も多い。SNSでコミュニケーションを取ることによって実際に会うことがなくても孤独感を緩和できるという人もいる。しかしむしろ私はSNSが孤独を増幅させているという側面について話をしたい。

 

 SNSに流れてくる情報はオープンであればあるほどポジティブな投稿が占めるのは事実であろう。例えば友人と遊びに行ったことや日常生活におけるポジティブな投稿が多い。そのような投稿を見て辛くなってしまう人もいるだろう。自分の生活と友人の投稿を対比して辛くなったり何か言葉に表せない、もやっとして沈んだ孤独のようなものを感じてしまうのだろうか。

 

 SNSによって孤独感が緩和されたという考えは確かに一部は正しいかもしれない。しかしSNSによって孤独が解消されることはないのは間違いないだろう。デジタル・ネイティブの我々の感情や脳でもクラウドのように身体と分離してしまうことはない。結局我々は他人のポジティブな投稿にしんどくなって、ポジティブな投稿を共に喜べない自分にもしんどくなる。きっとSNSによってその感情を満たすことは難しい。

 

 都市やインターネットに生きる我々は孤独を解消するために、会話をしたり友人が何をやっているか確認をするためにSNSを見るが、それによって孤独が増幅することすらある。しんどくなることを知っていながら孤独を緩和するために孤独に突き進んでいく。孤独を夢見る人々が真に孤独から解放されるにはどうしたらよいのか。それとも孤独と共にどう生きるのか。そんなことを考えながらSNSに浸ってしまう自分がいる。

語りと繋がり

 先日友人と夜な夜な電話をしていた。私は夜更かしして電話をあまりしたことがないが楽しかったのでその時に話したこととか感じたことをまとめたい。

 ◼ネットが発達している現代において敢えて直接話をすること
 通信の発達によって我々のコミュニケーションはどんどん簡略化されていった。手紙は電話に、電子メールはTwitterやLINEに変わっていった。私が中高生の頃はまだコミュニケーションがメール中心だったのでLINEを導入してからはその気軽さに感動した。
 しかしそれでも私はこうして夜な夜な電話をするし人と直接話をするためにわざわざ会いに行く。伝えるのはTwitterやLINEで十分なのにお互い予定を擦り合わせて会いに行くのは何故だろう。
 
◼会話が苦手な人
 ところでコミュニケーションが苦手な人にとっては直接会って話すこととTwitterやLINEで連絡するのはどちらが楽なのだろう。
 私の好きな作家である河野裕氏の小説には話すのが苦手なキャラクターが出てくる。この人は言葉に対して重い責任感を持っていて正しい言葉を伝えるために凄く時間をかけてしまう。だから直接会って話すことが出来ず返答を何枚にも渡った手紙にして返す。相手に100%自分の意思を伝えることは出来ないからそういった気持ちは分かる。
 一方で私は直接会って話す方が楽だ。どんなに手紙にして丁寧に気持ちを伝えるにしても100%は伝わらないだろう。それなら直接会って表情やジェスチャー等といった非言語のコミュニケーションを組み合わせて言葉以外の情報量を増やした方がいいのではないかと感じる。しかもその場にいれば「これはこういう意味じゃなくてね」と説明することも出来る。
 こうやって考えるとLINEとかTwitterって気軽だけど代償として相手に伝える言葉の丁寧さや重みは薄れてしまったのかもしれない。しかもTwitterやLINEの会話には時間差が存在する。ライブ性が無いと言えるのかもしれない。
 こうして考えるとこれからもっとコミュニケーションが気軽になったとしても人と直接会って話す行為は無くならならそうだし、むしろこの気軽な世の中にわざわざ直接会って話すのは贅沢な行動になっていく気がする。もっと贅沢しよう。

字を書くということ

 世の中にフェチという言葉があるが、恐らく自分は手書きフェチだ。プレゼントを貰ったときに入ってた手紙とかは勿論、仕事場や学校等で付箋に簡単に書いて貼られたメッセージも好きだ。

 その人の書く文字というのは長年その人自身が付き合ってきたもので、その人そのものを表現していると言ってもいいかもしれない。



 先日Twitterであるフォロワーさんが素敵な言葉を呟かれていたので引用したい。(駄目だったら連絡ください、すみません)

『手書き文字の不可逆性、一種のライブ感に惹かれており、今年は手帳にはボールペンを使うことにし、かつ予定以外の誤字は修正テープなどで消さないという縛りを入れることにしたのである』



 手書きには不可逆性がある。だから書いてるときどきどきする。相手に送るメッセージなら尚更の事であって、それはまさにライブ感に満ち溢れている。

 自分の趣味に文房具集めがあって、それは文房具の機能美に惹かれているのだが、勿論字を書くことへの愛着というのもある。

 手書きのメッセージを貰えると嬉しいし、自分がその人に宛てて書くのも楽しい。その度に自分の文字を見て恥ずかしくなって、その度日ペンでも始めてみようかと思うのだけれど結局始められていない。今年こそは自分の字を好きになりたいと思ってる。今年こそは。